female

たまに食べる程度に抑えて

female

悪玉コレステロールは、生活習慣病を引き起こす原因の一つに数えられています。コレステロールは、身体を機能的に動かすためには欠かせませんが、過剰に増えてしまうと、血管内に溜まってしまい血の流れを阻害してしまいます。そこから、動脈硬化に繋がってしまい、心筋梗塞を引き起こしてしまうのです。最近では、悪玉コレステロールを減らす為の食品が販売されています。専用のヨーグルトや乳酸菌飲料などがスーパーに並んでいます。それらを利用していれば悪玉コレステロールが減っていくと思っている人が数多く存在しています。単純に専用の食品に頼っているだけでなく、普段の食生活なども改善する努力が必要です。それにより、悪玉コレステロールが劇的に減っていくのです。

悪玉コレステロールを減らすためには、こってりした食材を使った料理を食べる機会を減らすことです。今では多彩なジャンルの国から来た料理が存在しています。当然油やラードなどを大量に使った料理が多いのが原状です。そのような料理はたまに食べる程度に抑えておくべきです。また、食物繊維が多く含まれているものを多めに食べましょう。特に水溶性の食物繊維は、悪玉コレステロールを減らす効果が期待されています。多めに含まれているのが、さつまいもや枝豆、りんご、オレンジなどの野菜や果物類です。今では旬を迎えているものがおおいので献立に加えて旬を実感しながら悪玉コレステロールを減らしてみるのもいい方法です。その他では、トランス脂肪酸を活用した食品や調味料を極力避けたほうがいいです。特にファーストフードでは大量に使われているので、こちらもたまに食べる程度にしておきましょう。